「地域情報」の記事一覧

神戸の街を彩る復興のシンボル「ルミナリエ」

地域情報

ルミナリエ
神戸では、毎年12月になると、神戸の街をイルミネーションで彩る出来事があります。
それは、ルミナリエと呼ばれていて、毎年開催されているイルミネーションであります。

そもそも、ルミナリエは1995年に起きた阪神・淡路大震災の追悼と復興を目的にして、毎年開催されています。

ルミナリエが開催されている期間中は、兵庫県民のみではなく日本各地様々な場所から観光客が神戸の街を訪れます。そして、このことによって震災により減少した観光客を取り戻すことも、ルミナリエの目的です。

ルミナリエは、このように阪神・淡路大震災の復興のシンボルとして扱われています。また、基本的に企業からの支援金や来場客の募金によって、開催運営が成立しています。

しかし、近年そんなルミナリエが終わってしまうのではないかとも言われており、1995年当初と比較すると、どんどんルミナリエの開催日程が少なくなっています。

これは、ルミナリエを開催するにあたって、予算が減少しているからであるとも言われています。また、これまでに何度かはその年のルミナリエが終了した段階で、赤字になったこともあるようです。

このような赤字の状態が続けば、震災の復興のシンボルであるルミナリエが終わってしまうかしれません。しかし、ルミナリエへの参加者が募金することによって、来年以降もルミナリエが開催される可能性は広がります。

これからも美しいルミナリエの光を照らし続けていきたいですね。

 

ルミナリエへのアクセス・2017年の開催期間

ルミナリエへのアクセスは、いくつかの方法があるのですが最もおすすめであるのは、電車で向かうことです。

ルミナリエ周辺には、駐車場があることも事実ではありますが、このルミナリエ開催期間中はどの駐車場であっても多くの場合は満車です。そのような理由もあり、電車で来ることをおすすめします。

電車で来る時に、最も会場に近い駅はJR東海道本線の元町駅です。

三宮駅で降りてもいいのですが、ルミナリエは元町駅を拠点に三宮駅の方面へ一方通行に交通整備されているので、元町駅で降りた方が楽ではあると思います。

また、ルミナリエはあらかじめ歩くルートが決まっているので、現場にいる警備員の指示に従って行動するようにしてください。その誘導に従うと、ルミナリエのイルミネーションの場所まで自然に向かうころができます。

ルミナリエは、毎年神戸の冬空を彩るイルミネーションの祭典です。

今年2017年は、12月8日(金)~12月17(日)まで開催されているので、ぜひ一度足を運んでみてください。

 

神戸で子供も安心して遊べる場所・スポット

地域情報

kodomoasobi

神戸と聞くと大人に街と言った感じで、なかなか、子連れで行く事に抵抗を感じる人も多いかと思います。とは言っても、オシャレな街、神戸。

たまには、ママさんも、そんな神戸でショッピングなど満喫したい事と思います。
そんな時、子供と一緒でも安心して楽しむ事ができるスポットがあれば安心ではありませんか?

子供と神戸を満喫した後、ショッピングを楽しむ事も可能ですし、ちょっと、別行動で旦那さんとお子さんは、神戸で遊んでもらってもいいかと思います。

神戸アンパンマンこどもミュージアム

JR神戸駅より徒歩8分にある神戸アンパンマンこどもミュージアム
アンパンマン好きのお子さんはもちろん、どんなお子さんでも楽しむ事ができる施設になっています。その上、屋内施設となっている為、雨などの天候に左右されず楽しむ事が可能にです。

しかも、ショッピングモールだけなら利用料無料で楽しむ事もでき、たくさんのアンパンマングッズの購入のほか、ここでしか食べる事ができないものもあり、十分に楽しむ事ができる施設になっています。

また、お子さんがたくさん来る施設と言う事で、トイレや授乳室なども完備しており、安心して楽しむ事ができる施設にもなっています。

神戸市立王子動物園

お子さんが大好きな施設と言えば動物園も欠かす事ができません。
神戸市立王子動物園では、なんと、パンダに会う事ができます。

飼育されていない動物園が多いパンダ。そんなパンダを間近で見る事ができるため、お子様が喜ぶ事、間違いなしかと思います。

また、子供向けの遊具も多く、一日遊ぶ事ができる施設にもなっています。

お菓子の工園グリコピア神戸

神戸では、工場見学も可能です。大人気の施設で予約する事が難しいとも言われているお菓子の工園グリコピア神戸

無料で楽しむ事ができ、少し大きなお子さんにピッタリの施設となっています。

神戸市立須磨海浜水族園

神戸市は須磨区にある神戸市立須磨海浜水族園
イルカやアザラシにタッチできるプログラムもあり、身近に動物と接する事ができる施設になってます。

もちろん、600種類もの生き物がいるため、見ているだけでも大満足の施設です。

まとめ

以上が神戸市内で子供と遊ぶ事ができる施設です。これら以外にも調べてみると結構多くなる神戸市内の施設。

その為、安心して、お子さんと一緒に神戸を満喫して欲しいと思います。
また、どの施設も半日程度で満足する事ができるところとなっている為、残った時間は、大人の神戸を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ